FC2ブログ

前庭神経炎という病気

3月のとある星の綺麗な夜、満天の星を撮りたく出かけました。
朝、モルゲンロートに焼ける山が見れないかと、山麓に向かいましたが
焼けもせず、がっかりしていると、突然、めまいがしました。
車に戻って、ちょっと横になって休んでいたら、楽になりました。

なんとなく、この感覚ははじめての感覚で、いやぁな感じがしましたので、
岐阜へ向かうのを止め、家路へ向かいました。

大野から勝山に入るところで、信号待ちで、再びめまいが。
急遽、50mほど走ったところにあるバス停に駐車し、再び横になり休む事しばし。

ところが症状は、良くなるどころか、目に見える視界が
ぐるぐると回転して止まりません。
立ってはいられません。はいつくばっても、ぐるぐる周りの景色が回転します。
目が回るとは、よく言ったもので、ほんとうに見えるものすべてがぐるんぐるんと
回り続けるのです。
そのうち目を閉じても、回転している感じで、嘔吐が始まります。
車から出て、雪の中に倒れこみながら、はきまくる。

そんな状況の中、手、足、指と普通に動くことを、何故か確認する。
自分なりに、もしや脳梗塞かと生命の危機を感じたのだろう。
異常なく、すべてが普通に動く。
じゃぁなんだ、これがメニエール病かぁ。以前聞いた事がある。
同じように信号待ちで、信号がグルグルと回転したと言ってた事を思い出した。

回転は止まらないどころか、どんどん悪化していく。
命にかかわる重病に感じて、自ら119にTEL。
救急車にて病院に運ばれる。

ということで、3月は、入院しておりました。

病名は、前庭神経炎。

脳梗塞でもメニエール病でもなく前庭神経炎。

その違いはなにか。
めまいに伴って、手足のしびれやろれつが回らない、激しい頭痛やものが二重に
見えたりすると、脳梗塞の可能性があるようです。
また、メニエール病との違いは、
耳鳴りや難聴、耳に詰まった感じがあり、それがだんだん強くなってくると
メニエール病の可能性があります。

私の場合は、いづれも該当せず、回転性のめまいで、強い吐き気を伴い
前庭神経炎ということでした。
それも、最初の3日間は、CTやらMRやら、脳の検査をして、結果的に
耳鼻科の方にても確認してもらおうということで、3日後に明確になった次第です。

原因は、風邪のウィルスにより、平衡感覚を伝達する内耳の前庭神経がダメージを
受け、炎症を起こし平衡感覚に支障をきたす。
目の前の風景がぐるぐると回転して、めまいの中では、もっとも強烈な症状らしい。
1週間は歩くことすらままならない状況で、食事も出来ず点滴されたまま
寝たきり状態。
抗めまい薬や血流改善薬、ビタミン剤の投与に加えて、ステロイド剤を投与されながら
闘病生活でした。
ただ、救いは担当医の言葉でした。
私は、まず何を思ったのか、最初に聞いたことは、
「もう山には登れませんか?」でした。^^;
しかし、回答は、予想外で
大丈夫ですよ。登れますよ。
この病気は、確実に治りますし、再発することもありません。
”やったぁ~”
ただし、完治には時間がかかります。つらいですよ。
1ヶ月~2ヶ月はすっきりしません。大半は6ヶ月後もふらつきを感じる様です。
でも確実に治りますよ。

”たすかったぁ”

4月に入って、通院しながら、リハビリ中です。

ダメージを受けた前庭は機能回復はしにくいそうです。
しかし、人間には代償機能という優れた機能が備わっているそうです。
つまり、廃絶した前庭機能を、大脳ともう片方の前庭と体全体によってフォローして
その機能を補って、元の状態に戻った様にするそうです。

そのために、リハビリで訓練してるのが今現在の状態です。

そんな訳で、今年は桜の時期は写真も撮れずに、辛い季節となってしまいましたが
それでも、先週、Jrが免許を取って花見に乗せていってくれました。^^

今しばらく、リハビリが続きます。
それでも、1日5千歩程度は歩かないといけないし、日常生活を行うのが
一番いいリハビリらしいので、ぼちぼちとスローペースながら
復活に向けて、前進あるのみです。

気にかけて下さる方もおられるようですので、近況報告です。
ご心配、有難うございました。

めまい、ならぬ、ぐるぐると散り桜、花の舞を。
散り桜、花の舞

コメント

非公開コメント

ブログが更新できるほどに良くなられたのですね、再発もなく時が来れば完全になおるとのこと、良かったですね~。
ぼちぼちリハビリに励んで写真活動が再開出来るのを楽しみにお待ちしています。

風 keiさん。こんばんは~^^

おかげさまで、なんとかスローペースではありますが
日常生活を送れるようには、なりました。
1日動いて、半日休むパターンでしたが、
担当医は、休むより、動いた方が早くよくなりますので
出来るだけ、日常生活をリハビリとして下さいと
言われましたので、そろそろ撮影もいいかなと、
そう勝手に思っております。^^
無理せず、ぼちぼち行きますので、宜しくお願い致します。
温かいコメント、どうも有り難うございました。^^

同士がいて良かった。

初めまして、私も突然発症し、10日間入院し、退院したてのひよっこです。不安で前庭神経で検索したらここにたどり着きました。同じ苦しみの方がいて、少しリハビリに前向きになってきました。お互い頑張りましょう!

くぬぎさん。こんばんは~^^

この病気は、めまいの中でも、 もっとも激しい辛さがあるので、不安があると思いますが、大丈夫ですよ。
必ず、人間の持つ代償機能という力で、回復します。
3ヶ月間は、リハビリ含めて、今迄どおりとは
行かないと思います。重い人は半年かかるそうです。
でも、再発はありませんので、ご安心下さい。
リハビリは、普通の生活をする事が最大のリハビリ
ですので、普通の動きをするのは、最初はとても
疲れますが、確実に代償機能を高めていると確信して
リハビリに励んでください。
大丈夫です。確実に治る病気なんですから。^^

お返事嬉しかったです。

毎日が不安で、何でこんな病気になったんだろうってそればかり考えてました。普通に生活するって本当に辛いです。でも、コメントもらえて、勇気が出ました。頑張ります。ありがとうございます。

私も2週間前に発症し、前庭神経炎と診断されました。同じように、救急車で運ばれ、ベッドから起き上がることもできず、船酔い以上の気持の悪い日々が続きました。
ふらつきながらも外を歩いていますが、ひとつ気づいたことがありました。それは左を向いた時と右を向いた時とでは、目に映し出す景色のスピードが違うというか、右を向いた時だけ、発症前とは違うんです。
この後遺症が治るのかとても不安です。
そういう自覚症状ってありましたか?

くぬぎさん。おはようございます。

発症した時の状態が結構きついので、みんな不安に
なるんだと思います。
私も、山登りはもう2度と出来なくなっちゃうのかと
ぐるぐる回りながらもガックリしてましたが、思い切って
主治医の先生に、聞いて見たら、思わぬ回答でした。
「大丈夫です。山にも海にも行けますよ。確実に治ります。
再発もありません。ただ、治るまでに時間がかかるので
それまでが大変ですよ。」と
その言葉で、半分治った様な気分でしたから(笑)
しばらくは、辛いでしょうが、代償機能は時間を
かけながら、フォローしていきますので、大丈夫です。
私が太鼓判を押しますよ。^^

エディさん。おはようございます。

左右ある前庭神経の片方がやられてしまった状態。
これが前庭神経炎と言う病気なので、おっしゃる
症状は、私もありました。
指を1本出して、それを見つめて左右に振ると
自分ではわかりませんが、傍から見てると、片方の
瞳はズレちゃうんです。しかも揺れてます。
それは、発症後、しばらくはその状態が残ります。
それが、リハビリ(首を左右にゆっくりと振ったり
前後に振ったり、指を左右に振りながら目で追ったり
片方の目を閉じてまっすぐ歩けるようにトレーニング
したり、目を閉じて片足立ちしたり)や日常生活を
普通に行う事により、徐々に正常な感覚に戻って
来ます。
最低3ヶ月はかかると思います。(私の経験から)
長い方は6ヶ月くらいかかるそうです。
でも、
確実に治りますし後遺症も無く再発はありませんから
希望を持ってリハビリに励んでください。
すごい不安だと思いますが、大丈夫ですからね。^^

自分は 前庭神経炎 7ヶ月目

自分は 今年4月末に 前庭神経炎が発病しました
1週間は起き上がることもままならずというのが
休眠状況が今年の春でした。

今でも多少のふらつき感がまだ残りますが
積極的に身体を動かすのもリハビリと考え
朝晩 ウオーキングを重ねています。

会社の仕事で疲れてくると、まだふらつき感が
ありますが おなじく再発はないよと医者に言われて
いるので積極的に身体を動かすというのが近況です

雲の上さん。おはようございます。

私の1ヶ月後くらいに、なったのですね。

最初はきつかったと思います。
大体、6割の方が、半年後でもふらつき感を
感じるらしいので、順調に回復しているのでしょう。
私の場合は、急に暗い所に入ったりすると、
ちょっと違和感を感じたりはしますが、ふらつき感は
ほとんどなくなりました。
気をつけている事は、とにかく睡眠をしっかり取る。
この事を注意しております。出来るだけ規則正しい
生活をする様に心がけておりますが、星景撮影など
夜中行動するときは、その分、睡眠をたっぷり取る様に
しております。
しかし、人間が持つ代償機能とは、なんと素晴らしい
のでしょう。
今、平行感覚に不安を感じる事は、全くありません。

こういうコメントを見て、勇気付けられる方が
結構いるようです。特に最初の症状がかなり激しい
めまいと嘔吐が続くので、もの凄く不安ばかりが
先行しちゃいますのでね。
コメントどうも有り難うございました。

リハビリ方法教えてください。

私は、5月15日に前庭神経炎で1週間入院し、今療養中です。
薬の副作用のため、メリスロンとメチコバールのみ飲んでます。(不眠もあり、止めてみたら、またふらつきを感じ飲み始めました。)
リハビリは具体的に、1日何回、どんなことをしましたか?
なるべく、やれることはやってみようと思いますので、どうかお教えください。

mi-koさん。こんばんは。

ちょいと留守しておりました。

リハビリは普通の生活を、普通にするのが一番のリハビリとなります。
なぜなら、それがなかなか出来ないからです。^^
こんな事もしょっちゅうやってました。
首を左右にゆっくりと振ったり、前後に振ったり、
指を左右に振りながら目で追ったり
片方の目を閉じてまっすぐ歩けるようにトレーニング
したり、目を閉じて片足立ちしたりもしました。

3ヶ月間は辛いですね。半年たつと、普通に生活出来ます。
ただ、急に暗い所に入ったりすると、バランス感覚に一瞬違和感を感じます。

でも大丈夫ですよ。今は不安でしょうが、必ず治りますから。
必ず治る病気で良かったです。

私も前庭神経炎になりました

私も前庭神経炎と診断されました。
現在56歳の親父です。
入院はせず現在三週間ほどになります。

キッカケはやはり風邪だそうです。

会社は連続で3日ほど休みました。
ボスからは完治するのか、と聞かれてドキッとしました。

あまり会社を休むと戦力外になりかねません。

このブログを拝見し

  完全に治る

、ということばを信じたいと思います。
このブログに感謝です。

はじめまして

はじめまして。
前庭神経炎で調べていましたら、ここにたどり着きました。
随分前のお話でしたが、コメントを書かずにいられなくて・・・。気づいてくれたら嬉しいです。

私は今年の1月3日に発症しました。
救急車で運ばれたものの、お正月だったので
CTを撮り脳に異常がなかったためにそのまま帰されました><

耳鼻科に通いなかなか治らない目眩に先生が大きな病院を紹介してくれて「前庭神経炎」と言われました。
その時にはすでに眼震も治まっていましたがフワフワと常に船の上に乗っているよな状態で、歩くのも支えがないと大変でした。
先生に、自分にムチをうつように、とにかく動いて眠っている神経を目覚めさすリハビリをしてください!と言われ、今に至っております。
普段の生活は何とかこなしています(主婦です)
けど車の運転も無理。一人での買い物も無理。
頭はまだフワフワして船の上にいます。

すごく凹んでいます。
6年前から診療内科にもお世話になっている私なので不安で仕方ないです。
densukeさんは、もうすっかり良くなったのでしょうか?
もうフワフワ感は無くなったのでしょうか?
私も治るでしょうか?(涙)

今飲んでいる薬はメリスロンとアデホスコーワという薬のみです。飲んだからと言って目に見える効果はありません。調べるとビタミン剤を処方されている方もいるようですが、先生に相談したほうがいいのでしょうか?
すいません。質問ばかししてしまって・・・。

けど、densukeさんの主治医の先生の言葉は
私にも希望となっています。

どうぞ、densukeさんも治っていることを願いながらコメをさせて頂きました。

ナカジンさん。こんばんは~

このコメントに気がつかず、ごめんなさいね。
3ヶ月も経ったので、もうほとんど完治しているでしょう。
完全に治る。 これは間違いありませんよ。信じてもらって
OKです。
ただ、やっぱり健康第一です。身体を壊すくらいなら
戦力外のほうがよっぽどマシですよ。
私は、50も過ぎたら一生懸命仕事しちゃダメだって
いう考え方です。一生懸命頑張るのは40代までです。
50台は、いかに高齢時の長い時間を有意義に過ごすか
その為のランディング。ストレス発散の趣味ではなく
人におおいに語れる、自信と自慢が出来る趣味を持つ事に
方向を変えたほうが良いという考えです。

無理をせず頑張って下さい。

のんちゃんさん。こんばんは~^^

このブログを今日現在まで見ていただければ
完全に完治している事が分ると思います。
白山も何度も登ってますし、長距距離の運転も
問題なく出来てます。

1月に発症でしたら、3月いっぱいにはふわふわ感も無くなると
思いますよ。でも急に暗い所に入ったり狭い空間に入ったり
人ごみとかは一瞬くらっとくるかもしれません。
私の場合は、半年間くらい違和感がありましたが、
半年過ぎたくらいから違和感も自然に消えていきました。
とにかく不安が先行すると思いますが、
絶対に治りますので、大丈夫ですよ。
人間の持つ代償機能という力は凄いですよ。
でも廃絶した前庭機能を、大脳ともう片方の前庭と体全体によって機能を補って、元の状態に戻すわけだから
多少の時間は必要な訳です。
でも確実に完治しますし、後遺症もありませんよ。
心配要りません。普通に生活してそして出来るだけ
バランス感覚をトレーニング(安全な場所でのリハビリ)して
行けば、ちゃんと元に戻りますからね~ご安心下さい。^^/

ありがとうございました!!

お返事をありがとうございました!!

densukeさんのブログには綺麗なお写真がいっぱいで、こんなにステキで感動の写真を撮られているのだからきっと治っていると思いながらも
どうしても、densukeさんの言葉が聞きたかったのです。

経験者でなければ分からないこの感情。
だからこそ、densukeさんの言葉は誰の言葉より
勇気と希望を貰える事が出来ました。

3月には私の誕生日です。震災の前日です。
3月には完全でなくとも少しでもいい状態になっていればいいな・・・と願い頑張ってリハビリします。

気持ちのお優しいdensukeさんのお人柄が
写真でよく分かります。
これからもステキな写真を撮り続けてください。

時々、又覗かせて頂きます。

本当に有難う御座いました!!

前庭神経炎になって3日

多くのHPで情報が出てますけど
私の場合は、「ほんとかよ」って感じです。

4/14(土)の朝発病「おぉぉ天井が回ってる」
とにかく落ち着いて、体の動作チェックして異常を確認。
グルグル意外は特に無かったので
歩いて病院へ向かうが途中で119しました。

病院(ER)到着後、点滴(安定剤?酔い止め?)
問診と検査(CT)して耳鼻科へ。
症状は救急車内で確認し病院へ伝達済だったらしく
何事も無く進められた。

耳鼻科で薬もらってERに戻り説明を受けたが
点滴の効果なのか何を言ってるかわからんかった。
耳鼻科の検査以外の異常は無いので大丈夫らしいのはわかった。

これで終わりです。
グルグルが残る状態で歩いて帰りました。
家に到着し爆睡したらグルグルは無くなって
4/15(日)にはフワフワへと移行。
一番辛いグルグルは寝てる間に消滅してしまったのです。
翌日にはフワフワしながら無事出社。
直線歩行OK,片足立ち(開眼)OK,片足立ち(閉眼)NG
首振りOK,動く物が多い所はちっとつらい

本当に前庭神経炎なのか逆に不安です。

たこすさん。こんにちは。

桜の季節ですっかりレスも遅れました。

この病気は個人差があります。
どちらかの前庭神経が完全に機能しなくなってしまう場合とそうでない場合とでも差があると思います。
ま、軽い症状ですむ場合もあるようです。
長い人で半年経ってもふらつき感が残る人もいます。
私の場合は歩くこともままならず、起きていても
寝ていても、とにかく回転性のめまいと嘔吐が続き
ましたが、ウイルスにやられた神経の状態にもよる
でしょうし、個人差があるので、比較的経度な段階で
病院にいったのが良かったのかもです。
回転性の目眩が続くと辛いですから。
診察で目の動きで医師は判断できるのだと思います。
まぁ、再発はしないのと治るのがこの病気ですから
しばらく無理をしないで様子を見てはいかがでしょう。

「たこす」です。

発病して1ヶ月が経過しました。
軽症だったみたいですね、嘔吐も無かったし。
1週間程度でフワフワも消えて通常の生活に戻りました。
リハビリはプールでの歩行と泳ぎまくりました。
しかし背泳ぎだけはダメで、まだ軽く回ります。

たこすさん。おはようございます。

嘔吐がないのは良かったですね。
比較的軽度で、早めの処置が良かったのでしょうね。
前庭神経も失わず復活したものと思われます。
日常生活を普通に行えるのであれば、それがリハビリと
なりますから、無理はする必要はないと思いますよ。